WordPressのアップデート後のエラー

WordPressの本体やプラグインのアップデート後に、エラーが出て正常に開けなくなることがあります。大体はアップデート処理が中途半端に終了してしまったことに起因するかと思いますので、その対処法を説明します。

以下で解決しない場合は、キャッシュの削除をしてみて、それでもだめな場合は、各種ライブラリのバージョン違いなどが考えられるのでバージョンを戻すなどの解決策を検討する必要があります。

メンテナンス中のまま変わらない

WordPressのアップデート後、「現在、メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。」とのメッセージが出てサイトが開かなくなる場合があります。
これは、アップデート中に途中で管理画面の操作をしたり、画面を閉じたりした場合に発生しがちです。

この場合、ドキュメントルート直下に「.maintenance」というファイルがありますので、これを削除すると回復します。

画面が真っ白になる系のエラー(プラグイン)

プラグインのアップデート中に、終了されてしまった場合などでプラグインファイルロードの際にエラーが発生している場合があります。

エラーログを確認し、エラーを起こしているラグインを特定します。自分は Jetpackプラグインでエラーが発生していました。
エラーを起こしているプラグインのディレクトリ名を変更します。

$ mv jetpack jetpack.back

これで、管理画面にログインできるようになったかと思います。ログインしたらプラグインの管理画面にて当該プラグインの更新を行います。

プラグインの更新が成功すると、プラグインのディレクトリも名前を変更したディレクトリは削除されて、正規のディレクトリ名のものになっています。

[root@xxx plugins]# ls -l
drwxrwxrwx 18 kusanagi kusanagi 4096  9月  4 13:12 jetpack

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です