Postfix+stunnelでSESにリレーしてる場合にdeferredエラーになる

以前、こちらの記事で紹介しました、EC2からPostfix+stunnelでSESにリレーしてメール送信をしているサービスで、前日からメールが送信されていない状況になっていました。
maillog には status=deferred でいろいろ原因調べたけど判らない状況で、Postfix 再起動でも復旧しませんでした。


, dsn=4.4.2, status=deferred (lost connection with 127.0.0.1[127.0.0.1] while receiving the initial server greeting)

そこで、stunnel を再起動したら回復しました。

つでに、送信されなかったメールを確認してみます。

deferredメールは、/var/spool/postfix/deferred/ ディレクトリ配下に、数字やアルファベット大文字一文字のディレクトリがあり、この名ディレクトリ内に格納されています。

復旧後、しばらくするとこの各ディレクトリ内が空になっていたので、deferredメールが送信されたことを確認できました。

以下の記事を参考にしました。
Postfixで未配信メールの確認 | OpenGroove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ad