WP Offload S3 プラグインでwordpressの画像をS3にアップロード

前回の記事でS3に置いた画像ファイルを Clooud Front で配信できるようにしました。
今回は、Wordpressの画像をS3にアップロードできるようにします。

導入プラグイン

導入するプラグインは以下の2つです。こちらをインストールします。

  • Amazon Web Service
  • WP Offload S3

ここで、「WP Offload S3」は無料版だと既にWordpressにアップロード済の画像はS3へ持っていくことができないので、既存サイトの場合は有料版を導入します。
新規でサイトを構築する場合は無料版で充分かと思います。

Amazon Web Service プラグインの設定

WordPress管理画面の左メニューから「AWS」をクリックします。

以下の画面が開きます。

s3へのアクセスキーとシークレットキーはwp-configに記述するか、データベースに保存するか選べます。wp-config.phpに記述することが推奨されているようなので、こちらで対応します。

wordpressのwp-config.phpに取得済のS3のIAMのアクセスキーとシークレットキーを記述します。

define( ‘AWS_ACCESS_KEY_ID’, ‘********************’ );
define( ‘AWS_SECRET_ACCESS_KEY’, ‘********************************’ );

追記後に、再度メニューを開くと以下のように表示されます。

WP Offload S3 プラグインの設定

管理画面のメニューでAWSの下の「S3 and CloudFront」をクリックします。

以下の画面が表示されます。

有料版の為、「enter your license key.」をクリックしてライセンスを入力してアクティベーションします。

その後、「Browse existing buckets」をクリックすると、設定したIAMのキーで参照できるバケットの一覧が出てきます。

アップロードしたバゲットを選択すると以下の画面が開きます。メディアライブラリのURLも書き換えてくれる設定もONにします。

「CloudFront or Custom Domain」をONにして、前回の記事で設定したCloudFront のドメインを入力します。「Force HTTPS」もONにします。

あとは、ファイルをEC2サーバ上に残すかの設定もできます。

設定を保存すると、有料版だとS3へ既存のメディアファイルをS3にアップロードするボタンが表示されます。

「Upload Now」をクリックすると既存のメディアファイルのS3へのアップロードが開始されます。

アップロードが完了すると以下のような、S3から全てのメディアファイルをサーバへダウンロードするボタンと、S3のファイルを全て削除するボタンも表示されるようになります。

メディアファイルのURLの確認

メディアから画像ファイルの詳細を確認するとURLが https://xxxxx.clooudfront.net となっていることが確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ad