AWS RDS を立ち上げる

Amazon Web Services で RDS を立ち上げます。
DBエンジンは MySQL です。

01

まず、準備としてEC2からRDSにアクセスする為のセキュリティグループ設定を行います。

EC2のプライベートIPからポート3306番にアクセスできるセキュリティグループを作成しておきます。

rds01

 

次の準備として、DBの Parameter Groups を作成しておきます。

これは、日本語でRDSを利用する場合に必須でやらないといけないことなので重要です。

RDSコンソールの「Parameter Groups」→「Create DB Parameter Group」を選択し、Parameter Group Family に 「MySQL 5.6」を選択し、Group Name、Descriptionを入力しCreateします。

作成したグループの詳細ページからEdit Parametersを選択し、下記項目に「utf8」を設定します。

  • character_set_client
  • character_set_connection
  • character_set_database
  • character_set_results
  • character_set_server

また、以下の項目に「1」を設定します。

  • skip-character-set-client-handshake

RDSのコンソールから「Launch DB Instance」をクリックしますと、DBエンジンを選択する画面に移りますので、MySQLを選択します。

02

以下の画面が表示されますので、無料枠を使う場合は、No を選択して下さい。以降の画面で、マルチAZやIPOSへの変更も可能です。

03

MySQLのバージョンを選び、ストレージタイプ、マルチAZの有無を選択、ストレージサイズとDB インスタンス、root のパスワードを設定します。

rds04

 

以下の画面で準備で作成した、セキュリティーグループと、DBパラメータグループを指定します。
また、DBバックアップやメインテナンスの時間指定のここで設定できます。時刻はUTCなので注意

rds05

EC2から接続を確認します。また、DBのcharsetがutf8に変わっているのも確認します。


$ mysql -u root -p -h xxxxx.xxxxx.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 12
Server version: 5.6.22-log MySQL Community Server (GPL)

Copyright (c) 2000, 2015, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| innodb |
| mysql |
| performance_schema |
+--------------------+
4 rows in set (0.00 sec)

mysql> show variables like 'char%';
+--------------------------+-------------------------------------------+
| Variable_name | Value |
+--------------------------+-------------------------------------------+
| character_set_client | utf8 |
| character_set_connection | utf8 |
| character_set_database | utf8 |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | utf8 |
| character_set_server | utf8 |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | /rdsdbbin/mysql-5.6.22.R1/share/charsets/ |
+--------------------------+-------------------------------------------+
8 rows in set (0.01 sec)

mysql>

※ 既に立ち上がっているインスタンスのcharset を utf8 へ変更する場合は、”modify”を選択して、Parameter Groupを変更してSaveします。
この場合、”Configuration Details”の”Parameter Group”がpending-reboot となるので”Instance Actionからreboot”を選びインスタンスを再起動します。

今回は、以下の記事を参考にしました。
AWS – RDSで日本語が文字化けする問題 – Qiita

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ad