KUSANAGIのapache利用時にアップデート後にapache再起動できなくなる

KUSANAGIでWebサーバーにnginxでなくapacheを使っている場合、KUSANAGIのアップデート後にapacheが再起動できなくなる場合があります。

KUSANAGI再起動時に以下のようなエラーメッセージが出ます。

# kusanagi restart
Job for httpd.service failed because the control process exited with error code. See "systemctl status httpd.service" and "journalctl -xe" for details.

指示されたコマンドを叩くと以下のようになります。

# systemctl status httpd.service
● httpd.service - The Apache HTTP Server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: failed (Result: exit-code) since 金 2018-06-15 18:55:00 JST; 21s ago
  Process: 9600 ExecStart=/usr/sbin/apachectl start (code=exited, status=1/FAILURE)

 6月 15 18:55:00 xxx.com systemd[1]: Starting The Apache HTTP Server...
 6月 15 18:55:00 xxx.com apachectl[9600]: [Fri Jun 15 18:55:00.971638 2018] [so:warn] [pid 9602] ...ping
 6月 15 18:55:00 xxx.com apachectl[9600]: AH00526: Syntax error on line 5 of /etc/httpd/conf.d/ssl.conf:
 6月 15 18:55:00 xxx.com apachectl[9600]: Cannot define multiple Listeners on the same IP:port
 6月 15 18:55:00 xxx.com systemd[1]: httpd.service: control process exited, code=exited status=1
 6月 15 18:55:00 xxx.com systemd[1]: Failed to start The Apache HTTP Server.
 6月 15 18:55:00 xxx.com systemd[1]: Unit httpd.service entered failed state.
 6月 15 18:55:00 xxx.com systemd[1]: httpd.service failed.
Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full.

どうやら、アップデート時に デフォルトのssl.conf が復活してしまったようです。
Prime Strategy さんのサイトに対応方法が記載されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です