Amazon Linux にGitLabをインストール

AWS の EC2 Amazon Linux に GitLab をインストールします。

いろいろミドルウェアも必要になってきそうなので、新しくEC2をAmazon Linux の AMIを使って立上げ、そこにインストールします。

こちらの公式サイトにあるインストール手順のままにやると簡単にインストールできます。(以前はかなりインストールが面倒だったと思いますが今は簡単になりました)
GitLab | Download GitLab Community Edition (CE)

必要なソフトのインストール・設定

postfix をインストール設定します。openssh-server や cronie も必要ですが Amazon Linux では既にインストールされていました。


$ sudo yum install postfix
$ sudo /etc/init.d/sendmail stop
Shutting down sm-client: [ OK ]
Shutting down sendmail: [ OK ]

(/etc/postfix/main.cf を必要に応じて編集)

$ sudo /etc/init.d/postfix start
Starting postfix: [ OK ]
$ sudo chkconfig postfix on
$ sudo chkconfig sendmail off
$ sudo alternatives --config mta

There are 2 programs which provide 'mta'.

Selection Command
-----------------------------------------------
*+ 1 /usr/sbin/sendmail.sendmail
2 /usr/sbin/sendmail.postfix

Enter to keep the current selection[+], or type selection number: 2

$ alternatives --display mta
mta - status is manual.
link currently points to /usr/sbin/sendmail.postfix

インストール

GitLab のダウンロードし、インストールします。


$ curl -O https://downloads-packages.s3.amazonaws.com/centos-6.6/gitlab-7.7.2_omnibus.5.4.2.ci-1.el6.x86_64.rpm
$ sudo rpm -i gitlab-7.7.2_omnibus.5.4.2.ci-1.el6.x86_64.rpm
$ sudo gitlab-ctl reconfigure

確認します。


$ sudo gitlab-ctl status
run: logrotate: (pid 3195) 52s; run: log: (pid 3194) 52s
run: nginx: (pid 3185) 58s; run: log: (pid 3184) 58s
run: postgresql: (pid 3095) 72s; run: log: (pid 3094) 72s
run: redis: (pid 3024) 78s; run: log: (pid 3023) 78s
run: sidekiq: (pid 3170) 60s; run: log: (pid 3169) 60s
run: unicorn: (pid 3148) 61s; run: log: (pid 3147) 61s

 GitLab Web画面

これでサーバー名にブラウザからアクセスすると以下の画面が表示されます。

gitlab01

インストール直後の初期アクセス情報は以下です。

Username: root
Password: 5iveL!fe

上記パスワードでログインし、パスワードを再設定して再ログインすると下記の画面が表示されます。

gitlab02

 

各種設定

ファイル /etc/gitlab/gitlab.rb に各種設定を行います。

メール送信に SES を使うので、以下の項目をコメントを外しSESのSMTPサーバの情報に書き換えます。


# gitlab_rails['smtp_enable'] = true
# gitlab_rails['smtp_address'] = "smtp.server"
# gitlab_rails['smtp_port'] = 456
# gitlab_rails['smtp_user_name'] = "smtp user"
# gitlab_rails['smtp_password'] = "smtp password"
# gitlab_rails['smtp_domain'] = "example.com"
# gitlab_rails['smtp_authentication'] = "login"
# gitlab_rails['smtp_enable_starttls_auto'] = true
# gitlab_rails['smtp_tls'] = false
# gitlab_rails['smtp_openssl_verify_mode'] = false

その他、設定については下記サイトにて説明があります。(はしょってすいません)
GitLab.org / omnibus-gitlab | GitLab

設定ファイル更新後は、下記を実行して設定を反映させて下さい。

$ sudo gitlab-ctl stop
$ sudo gitlab-ctl reconfigure
$ sudo gitlab-ctl start

reconfigure して数分おいてからブラウザでアクセスしたほうがいいかもしれません。reconfigure 直後だとエラーになる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ad